パワーストーンの選び方

パワーストーンとは古来より自然に育まれた鉱石、樹木などには超常の力が宿るとし、人が様々な意味や願いをつけた鉱石などのことを指します。パワーストーンは和製英語であり、海外ではジェムストーンと呼ばれています。

パワーストーンに込められた意味は花言葉などと同じく、人が願いを込めてつけたものです。花言葉と違い、ネガティブな意味は基本的につけられることはありません。パワーストーンをプレゼントする際、意味の解釈で相手に誤解を与えてしまうことは少ないでしょう。

パワーストーンと聞くと敬遠する方もいらっしゃいますが、身を飾るファッションアイテムであるアクセサリーに様々な良い意味などがつけられており、ラッキーアイテムになるといった風にあまり意識しなくても問題ないと思います。

ここではパワーストーンの選び方がわからない、普段なんとなく選んでいる。そんな方に簡単なパワーストーンの選び方をご紹介します。

1. 直感で選ぶ

花を選ぶ時のようにまずは見た目で選ぶだけで十分でしょう。パワーストーンにも人それぞれ合う石、合わない石が有るとされています。自分が気に入ったものを選びましょう。

また、パワーストーンは一部を除き天然物ですので同じ種類の石でも色、模様が異なり、一つとして同じものは存在しません。一期一会、石との出会いを大切にすると良いかもしれません。

2. 色で選ぶ

自分が身につけるものですので気に入った色のものを選びましょう。お気に入りの服装に合わせやすい色などアクセサリーとして重視する方にはこちらがおすすめです。

また、赤はやる気、緑はヒーリングのように色にもそれぞれ意味がつけられており、多くのパワーストーンも色を基準に意味がつけられています。人が色を選ぶ時には「その時の気分に同調する色」もしくは「その時の自分に足りない色」を選ぶ傾向があるといわれています。

3. 石の意味で選ぶ

金運、恋愛運、仕事運、人間関係、癒やし、魔除け、等々パワーストーンには様々な意味がつけられています。その中から自分が補いたいもの、願いの助けになるであろうものを選びましょう。パワーストーンに詳しい方、占いが好きな方などはこちらの選び方をされる方が多いようです。

選び方の一例

  • 金運が欲しい → タイガーアイが有名だけどもう少し明るめの色がいい → ルチルクォーツ
  • 緑系の物が欲しい → セラフィナイト、ミックスベリルなど → どちらも癒やしの効果が有るけど他にも色々な意味があるミックスベリルがいい